【Excel マクロ(VBA)初心者!】Range. Value.マクロの記録を実際に使ってみた

スポンサーリンク
エクセル
スポンサーリンク

どうも、そこらへんの社会人です!!

今回は前回の続きになります。前回は、エクセルでマクロを使う環境をとととのえ、メッセージボックスを使うところまでを紹介しました。

【Excel マクロ(VBA)初心者!】メッセージボックスの表示

今回はといいますと、RangeやValueを使って指定したセルに文字を記載する方法を紹介していこうと思います!!

初心者のかたにとってはRange? Value?となると思うのでそこから紹介していこうと思います。

アドセンス 広告

この記事の参照元

2021年ExcelVBA・マクロ・初心者入門講座【完全版】
【続編】ExcelVBA・マクロ・脱初心者初級編【完全版】【目次】2021年ExcelVBA・マクロ・初心者入門講座【完全版】0:00 イントロ2:00 VBAとは?2:08 プログラミング言語とは?3:40 マクロとは?4:10 VBEとは?4:50 プロ...

この記事は上記のYoutubeを実際にやってみたものになりますので、動画のほうがいい!というかたは

上記を参考にしていただきたいです。

Rangeとは?

セル、行、列、連続した1つ以上のセルブロックを含むセルの選択、または3D範囲を表します。

⇒簡単に言うと「選択」です。

Range オブジェクト (Excel)
Office VBA reference topic

Valueとは?

数値を表す文字列を数値に変換します。

⇒簡単に言うと「変換・指定」です。

VALUE 関数
書式: 値(文字列)

Range、Valueを実際に使ってみた!

まず、下記の図のように「A1」セルに練習と記載してみましょう

次に、このように記載してみました

このマクロの意味は

タイトル:取得⇒A1セルを選択指定して(Range(“A1”).Value)、メッセージボックスで表示

という意味になります。

これを実際に実行すると下記のように、「A1のセルを選択指定し、メッセージボックスで表示されました!」

マクロの記録

次はマクロの記録をやっていきたいと思います。まず準備として下記のようなものを準備してみました。

準備が整ったら、「開発」タブの「マクロの記録」をクリックします。

「マクロの記録」をクリックすると下記のようにでてくるのでマクロ名を自分のわかりやすいマクロ名にし記録をします。

今回は、「太字」にするマクロを作成したいと思います。

A3タブの「テスト」を太字にする⇒「開発タブ」⇒「記録終了」をクリックするとマクロの記録が終了します。

この次に、エディターを開きModule2をダブルクリックすると下記のような画面になるかと思われます。

ここで下の青い四角の部分をコピーします。

この機能で全部やってしまえば、いいのでは?と思う方もいるかもしれないですが、この機能は自分で書きたいマクロの参考程度にしたほうがいいようです・・・PCが処理してかいてくれるものなのでめちゃくちゃなアウトプットがでてくることもあるようです。

上記でコピーした部分を貼り付けし、下記のようなマクロを記載してみました。

①・・・A2をA3に入れる

②・・・A3を記録

③・・・選んだセルを太字にし実行

それではマクロを実行してみましょう。下記のようなエクセルを準備し・・・

マクロを実行すると・・・

※マクロの実行のしかた・・・マクロのエディター画面でツールバーの緑の三角を押すか、「F5」のショートカットキーを押すとマクロが実行じます。

いかがでしょうか?上記のように「A2」が「A3」に記載され、さらに太字になってます!!

今後は、これを応用してできることが増えていくのかなと期待しています!それでは!!

コメント

  1. […] 【Excel マクロ(VBA)初心者!】Range. Value.マクロの記録を実際に使ってみた […]

タイトルとURLをコピーしました