【Excel マクロ初心者】シートの内容を別のシートに転記(出力)してみた!!①

スポンサーリンク
エクセル
スポンサーリンク

どうも、そこらへんの社会人です。

今回は、もとあるシートを複製⇒シート名変更⇒マクロの実行をやっていこうと思います!

なお、今回の内容は下記の動画を参考にしています!

2021年ExcelVBA・マクロ・脱初心者初級編【完全版】
【VBA初級編のサンプルファイル】【完成版】終了時のサンプルファイル
アドセンス 広告

準備(おさらい)

任意のシートから別のシートへ記載する

準備として下記のようなシートを作成しておきます

上記動画の作成方法

まずは、下記のようにシートを作成し、「一覧」に作成したものが「雛形」に記載されるようにします。

覧シート
雛形シート(数式を見えるようにしています)

記載するマクロ

上記のマクロがよく分からないという方は、以前かいたこちらの記事を参考にして頂きたいです。

【Excel マクロ(VBA)初心者!】 繰り返し作業を実施してくれるelse if 、For ~Nextを使ってみた

転記のマクロを記載してみる

エクセルをコピー(複製)して、マクロを実行

次はこちらのものを作成していきます。

まず、エクセルを複製します。

追記した内容は

「雛形」シートの後に「雛形」シートをコピー という内容です!

この処理をすると、

コピー(複製)されたシートの名前を変更する

いまの状態だとコピー(複製)されたシート名が雛形 (2)なので分かりにくいですよね??なので、シートの名前を変更していきたいと思います。

上記の内容を追記します。

「一覧」シート「G4」セルをシート「雛形(2)」の名前にする という内容になります。

「雛形 (2)」シートを削除し、マクロを実行してみると

シートが複製されましたが、マクロが実行されていないです・・・

これは、名前が変更されたためにFor~Next文の間が実行されていないためです・・・

しかも、このやり方だとだれかが「雛形 (2)」シートを作っていると、マクロは実行できないです・・・

一番最後にシートを作成し、最後のシートにマクロを実行

上記の問題を解決するために下記のようにします。

Sheets(“雛形 (2)”) と記載されていた部分をSheets(Sheets.Count)と記載します。

これは、シートの一番後ろとい意味になります。

実際にマクロを実行すると

いかがだったでしょうか。

少しずつExcel マクロを学習し、業務の生産性を上げていきましょう!!!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました