特定文字を条件付き書式を使って強調してみた

スポンサーリンク
エクセル
スポンサーリンク

どうも!!そこらへんの社会人です。

仕事をしていて下記のような管理表を使っているけど担当者(田中、中田、山田に)色を付けないと分かりにくいな・・・
と思った経験はないでしょうか?
そのときにあなたは、ひとつひとつ手作業で色をつけたりしていないでしょうか?
今回は、その作業をエクセル機能の条件付き書式を使ってやっていきたいと思います!!

セル強調の条件を指定するとこのようになります。
自動で色が変わるのがお分かりでしょうか?
かなり便利なので参考にしてみたください。

上の動画で使用しているプルダウンリストの作成の仕方は、下記を参考ください。

【Excel 初心者】ドロップダウンリストを作成してみた!!
今回は、リストの作成をやってきたいと思います!! 仕事でエクセルを使っているかたならば、 1度はこのリスト機能に触れたことがあるのではないのでしょうか?
アドセンス 広告

特定の文字を含むセルに色を自動でつける

エクセルには、条件を指定してあげればそのセルを自動で塗りつぶすように指示をしてくれる機能が
あります。実際に見ていきましょう

①セルを強調したい範囲を選択

②「ホーム」⇒「セルの条件付き書式」⇒「セルの協調表示ルール」⇒「文字列」を選択

③条件を指定

下記のようなダイアログボックスが表示されるので
強調したい文字」「強調する条件」を指定します。
初期で条件がいくつかありますが、「ユーザー設定の書式」で自分で設定することも可能です。

④二つ目以降の条件は、再度設定します。

下記のように2つ目以降は条件を追加していきます。
これで複数の条件ができても追加していけば、表が見やすくなりますね!

⑤設定した条件を確認/編集する

自分で設定した条件を確認したあと、やっぱり条件を変更したい!!てことになったりしますよね?
そのような場合は、下

「ホーム」⇒「条件付き書式」⇒「ルールの管理」を選択

下記のようなダイアログボックスが出てくるので、
ここで条件を確認したり、編集したりできます!

その場だけでいい場合(わざわざ条件付き書式を使うまでもないとき)

わざわざ条件付き書式までしなくてもその場ですぐに
色を付けたいという場合はこちらがオススメ!

「Ctrl」+「F」で下記のような検索画面がでてきます。
①検索タブを選択
②検索する文字列で色を付けたい文字を入力
③すべて検索をクリック

④「shift」を押しながら検索した文字をすべて選択します。
⑤書式を選択すると文字の書式を変更することができます

いかがだったでしょうか??
これで日常の管理表や業務の管理表を見やすく管理していきましょう!!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました