グロース株:テスラ(TSLA) 買うべきか?

スポンサーリンク
テスラ投資
スポンサーリンク

どうもそこらへんの社会人です。

今回は、世間を賑わしている世界一のEV自動車メーカー「テスラ(TSLA)」をみていきたいと思います。

私たち日本人にはあまり馴染みのないテスラですが、世界では今大注目されている企業になります。

その理由としては、世界中でガソリン自動車の生産を2030年までに廃止する動きやガソリン車に掛かる税金が高くなってきているため世界的にEV自動車にシフトしていくことが必須だからです。

そのEV車で世界一の企業がテスラになります。

それでは、さっそくみていきましょう。

アドセンス 広告

企業概要

テスラは、イーロンマスク氏によって2003年に設立されたEV自動車メーカーです。

テスラと言えば自動車が有名かも知れませんが、エネルギー生成用のソーラーパネルとソーラールーフに加えて、公共事業を含む住宅および商業用不動産の定置用バッテリーを販売しています。

上記の写真は、テスラの主要な車両モデルになります。

電気自動車なので、ガソリン車にラジエーターを冷やすために付いているグルリがないのが特徴かと思います。

それにしても、車のスペックが1020馬力って・・・すごいですね・・・

企業業績

こちらは、テスラの売り上げになりますが年々着実に売り上げを伸ばしているのは評価できいると思います。ここ数年で企業業績も波にのり、さらに売り上げが伸びていくことが期待できます。

一時期、企業業績が悪かったときイーロンマスク氏は会社の売却をアップルにもちかけたこともあったそうです。

ここまで順調とはいかなかったものの、これから成長が楽しみな企業です

次に示したのは、営業利益り営業利益率になります。

経営が黒字経営に入ってきたのは2019年からのことで、これから経営が軌道に乗っていくのか注視していく必要があります。

また、黒字経営になったものの営業利益率はまだまだ低いですから
これから安定した経営モデルを築いていけるのかにも注目ですね。

PER(株価収益率)、PBR(株価資産倍率)をトヨタと比較

PER(株価収益率)、PBR(株価資産倍率)をトヨタと比べて見るといかにテスラの株価が割高かお分かりいただけるのではないでしょうか?

PER(株価収益率)は、驚愕の1038・・・今後の業績期待が株価に組み込まれているからだとは思いますが、割高すぎますね・・・


テスラトヨタ
PER(株価収益率)103812.65
PBR(株価資産倍率)28.581.12
ROE(自己資本倍率)4.7810.4
2020年12月実績
株式投資をやるなら知っておきたい「PER」「 PBR」 
株式投資を始めたら、必ず目にする「PER」「PBR」。実際にどういう指標でどのように判断するのかを開設していきたいと思います。

こちらは、テスラの2年分のチャートになりますが、この割高感でここから急激に伸びる可能性は、まだまだ先のように思えますね・・・・

その時まで株を保有し続けるか、その時まで待つかは個人の投資スタイルによりますね・・・

テスラ チャート

まとめ

今のテスラの株価は、かなり割高なように思えます。

ここから先、キャピタルゲインを得るチャンスはすぐにはこないと思います。

それは、なぜかというとすでに株価に将来の期待が組み込まれ割高になっているためです。

しかし、将来的には有望なEV自動車なので今後の世界の動きを注視しておく必要があると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました