SPXLを長期保有!!これを見たら投資せずにはいられない!!

スポンサーリンク
投資
スポンサーリンク

どうも!そこらへんの社会人です!!

証券会社のランキングをみていたら目にするSPXL

これのリターンをみたら、投資をするべきじゃないのか?

と、思わずにいられないのは私だけではないと思います・・・

その理由と、

私たちはSPXLに投資をするべきなのか?しないほうがいいのか?

この記事を読めばその疑問の解決に近づけると思います!!

アドセンス 広告

SPXLを長期保有!!これを見たら投資せずにはいられない!!

SPXLとは??

SPXLは、Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETFのティッカーシンボルです。

世界で最も有名な、米国の超大型指数S&P500の日々の3倍の値動きの

投資成果を目指しています。

SPXL メリット

レバレッジ商品のメリットは、なんといってもハイリターンです!!

後ほど紹介していきますが、S&P500よりもハイリスクハイリターンです!!

SPXL デメリット

ハイリターンの裏にハイリスクあり!!ということでデメリットを見ていきましょう!!

次がデメリットになります。

  1. 経費率が高い
  2. NASDAQ100指数の値動き2倍は、日々の値動きのためボックス相場に弱い
  3. 値下がりした時も2倍の値動きをするためハイリスク

デメリット1:経費率が高い

経費率は、0.95%・・・・めちゃくちゃ高いです!!笑

ウォール街のトレーダーの人たちは、年間利回りを1%稼ぎだすために

血と汗を流しているのに、我々個人投資家はSPXLを

運用しているだけで0.95%を取られていくわけです・・・めっちゃ高い・・・

ちなみに有名な米国の株価指数にS&P500に連動する、

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の経費率は0.0968%です。めっちゃ安い・・・

しかし、これは仕方がない事です。

それは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は指数にただ連動させて

おくだけで良いのですが、

レバレッジをかけるということは、アクティブ運用をしないといけないため、

その手数料を取られるのは当たり前かもしれないですね。

デメリット2:S&P500の値動き3倍は、日々の値動きのためボックス相場に弱い

レバレッジ商品が、ボックス相場に弱いイメージを表したのが

次の表になります。

レバレッジなし
ドル10090100908090100
前日からの値動き-10.00%11.11%-10.00%-11.11%12.50%11.11%
レバレッジ3倍
ドル1007093.3365.3343.5659.8979.85
前日からの値動き-30.00%33.33%-30.00%-33.33%37.50%33.33%
ボックス相場イメージ

「レバレッジなし」は、ボックス相場では結果的にもと値に戻りますが、

「レバレッジ3倍」は、値動きは3倍の値動きをしていますが、最終的には

損を出しているのがお分かりいただけるだろうか?

なので、レバレッジ商品は当然ですが右肩上がりでない相場では、かなり大損しますね・・・笑

デメリット3:値下がりした時も3倍の値動きをするためハイリスク

レバレッジを効かせているので、値下げ幅も3倍になってしまいます。

仮に上昇相場のみレバレッジをかけれて、下落相場ではレバレッジなしを

自動でしてくれる商品を開発したらノーベル賞クラスですね・・・

SPXL ここ1年のリターン

ここ1年のSPXLのリターンになります!!

な、な、なんと・・・138%!!!

それに対し、最強指数S&P500は、40.54%(十分すごい・・・)

ここ1年のリターンを見る限りは、SPXLが最強に見えますよね??

では、長期ではどうなのかを見てみましょう!!!

青:SPXL  赤:SPY(S&P500)

SPXL 1年のチャート

SPXL 長期保有(約13年)のリターン

これが13年のSPXLのリターンになります。

だれがどうみても・・・SPXLに投資をするべきじゃないでしょうか?

SPXLの13年間の成長率は、3113%!!!!

S&P500の13年間の成長率は、366%!!!(これでも十分すごいです・・・)

このチャートを見ても、まだ投資をしないでいいと思えるでしょうか・・・・

しないほうが、おかしいと思いませんか??

青:SPXL  赤:SPY(S&P500)

SPXL 13年のチャート

毎年のリターンを比較

こちらは、各年のリターンになります。

いままでのチャートをみていたら当然かもしれませんが、

各年のリターンをSPXLがSPY(S&P500)をアウトパフォームしていますね!!

これ・・・投資するしかないでしょう!!

ただ、やはりリターンが大きいぶんリスクが大きいのも伺えますね・・・・

自分の資産が減っていくのに耐えれるメンタルをもっていないと、

下落相場では耐えられないかもしれないですね・・・

2009年~2020年の各年のリターン

毎月1万円の積立をするといくらになるのかシュミレーション

毎月1万円の積立をするにあたって次の前提条件をも受けてシュミレーションを実施したいと思います

前提条件
・SPXL(Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETF)は、毎年37.10%の成長率とする
 ※12年間平均リターン -  経費率0.95%
・SPY(S&P500)は、毎年13.65%の成長率とする
 ※12年間平均リターン -  経費率0.1%
 
SPXL長期保有(12年間)シュミレーション結果

まずは、SPXLに毎月1万円を年利37.1%で運用した結果になります。

12年間で元本が144万円に対して、資産は約2560万円!!!

恐るべき複利効果!!!

毎月1万円であれば、ほとんどの人が実現可能ではないかと思てしまいますね!

SPXLの毎月1万円を12年間積立したシュミレーション
S&P500 長期保有(12年間)シュミレーション結果

次は、SPY(S&P500)に毎月1万円を年利13.65%で12年間運用した結果になります。

こちらも元本が144万円に対し、資産は360万円と恐るべきパフォーマンスです!!

いかに年利のほとんどない銀行に預けておくことが

機会損失を生んでいるかがよく分かりますね・・・・

SPY(S&P500)の毎月1万円を12年間積立したシュミレーション

まとめ

SPXLは、確かにネガティブな部分はありますが長期保有をした場合

S&P500をアウトパフォームする力を秘めています!!

ただし、値動きが激しいのでいちいち株の値動きを気にしない

強靭なメンタルの持ち主でなければ、長期保有は困難かもしれませんね。

似たようなレバレッジ商品の「ifreeレバレッジ nasdaq100」に

関する記事を過去に書いているので、こちらも参考にしてみてください。

ifreeレバレッジ nasdaq100 (QLD)を2006年からシュミレーション!
ifree レバレッジ100を2006年からリターンをシュミレーションしてみようと思います。ちまたで騒がれているレバレッジ商品は本当に投資をし資産の最大化が可能なのかをみていきたいと思います!

また、配当金が好きだという方は自分にあったETFに投資をするのが

いいのではないかと思います。

高配当ETF(VYM/HDV/SPYD)のおすすめは?分析してみます。
高配当ETFに投資をしたいけど、VYM,HDV,SPYDと多くのETFがあります。しかし、どれに投資をしたらいいのか?と疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか? 今回はその疑問に答えるべく3つのETFを比較してみます。

VYMの配当金を再投資したらS&P500以上のリターンか!?
VYMの成長率は、バリュー株が多いためS&P500には及ばいです。しかし、配当を再投資したらどうだろうか?今回はそんな疑問を解決するためにシュミレーションしてみました。 するとVYMはS&P500をアウトアフォームする可能性は大いにあると思われます。

本日も最後まで記事を読んで頂きありがとうございます!

自分のリスク範囲の中で投資をしてくださいね!!

コメント

  1. […] SPXLを長期保有!!これを見たら投資せずにはいられない!!レバレッジを… […]

  2. […] SPXLを長期保有!!これを見たら投資せずにはいられない!!レバレッジを…ifreeレバレッジ nasdaq100 (QLD)を2006年からシュミレーション!ifree レバレッジ100を2006年からリターンをシュミレーションしてみようと思います。ちまたで騒がれているレバレッジ商品は本当に投資をし資産の最大化が可能なのかをみていきたいと思います!kazu-f-blog.online2021.05.30 […]

  3. […] SPXLを長期保有!!これを見たら投資せずにはいられない!!レバレッジを…ifreeレバレッジ nasdaq100 (QLD)を2006年からシュミレーション!ifree レバレッジ100を2006年からリターンをシュミレーションしてみようと思います。ちまたで騒がれているレバレッジ商品は本当に投資をし資産の最大化が可能なのかをみていきたいと思います!kazu-f-blog.online2021.05.30 […]

  4. […] SPXLを長期保有!!これを見たら投資せずにはいられない!!レバレッジを…【TQQQ】長期保有しない理由がみつからない!![QQQ、QLD比較]ナスダック100指数に対し3倍の運用成績を目指すTQQQ。QQQとQLD(2倍)と比較してみましたが、投資をしない理由が見つかりません・・・。 私は、今レバナス(QLD)に投資をしていますが、TQQQに乗り換えようか検討しようと思います。kazu-f-blog.online2021.07.10 […]

タイトルとURLをコピーしました